2005年12月15日

親ばか日記

我が家は共働きの夫婦である。
たった50日で我が家に来たマーレを置いて出かけるのは忍びなかったが、
我が家の財政でマーレにご飯を食べさせる為には選択の余地はない。
従って、マーレはマーレと命名されてからずっとお留守番犬である。

可愛いワンをお留守番させる極意。
躾マニュアルによると、犬が不安にならないように普段どおりさりげなく振る舞いでかける。とあった。
 しかし私は真逆の作戦。
朝から「今日はお仕事の日だからね」と話しかける。
パターンは3つ。
最も多いお出かけ「仕事」はお風呂から出て、化粧をしながら
「マーレ。ともちゃん、今日お仕事の日だからね」と声をかける。
するとマーレは呼ばれて振り向き、台詞を聞き終わると元の体勢に戻り何事もなかったように振舞う。
次はお買い物。この場合は出掛ける30分ほど前に
「もう少ししたらお買い物行ってくるね」と言っておく。
最後のパターンはどちらにも当てはまらない場合。
長時間のお留守番、夜の外出など。
この場合もやはり30分ぐらい前に
「ごめんね、今日はお出かけだからお留守番しててね。帰ったらスペシャルおやつあげるね」
などとおべっかを使ってみる。
そして、出掛ける直前に「マーレ、行ってくるね」と言うと、
トコトコと自らサークルに入りマイベッドで伏せをしておやつを待っている。

さて、ここからが親ばか日記である。
3,4ヶ月前からちょっとした変化がおこった。
クローゼットで私が着替えを始めると一緒にクローゼット部屋に入り
「もういっちゃうの?」的な上目遣いでサークルに向かおうとする。
「まだいいよ」と声をかけると戻ってくる。
明らかに私の行動を見て心構えをしているようである。

そしてここ2,3週間でまたまた驚かされた。
私が時計と指輪をすると、何も言わずともサークルに入っていくのである。
確かに私が出かける時、夏冬問わず最後にするのは時計と指輪。
という事を、マーレに気づかされた。
感動とともに、私の行動が見透かされているようで妙な気分になった。

という事でお留守番は完璧のマーレ。
しかし、飛びつき禁止と「う゛ーーー」という唸りは止められず。
賢いのだかお馬鹿なのだか・・・・?

おもちゃ
新しいおもちゃにご執心のマーレ

ブサイク
本日のブサイク顔わーい(嬉しい顔) 
posted by まーまま at 21:59| Comment(8) | MARE